その2 シェアオフィスのススメ

2017/06/09


なんだこの洒落た場所は。
 
今回の記事、言いたいのは1つだけです。
シェアオフィスおすすめ!
 
先にフリーランスのススメを書きました。
そこで、グループでいる良さってのを書きました。
フリーランスで一人でやってると得られづらいものです。
ずっと一人だと、自分の選択や成長がこれで良いのかってのが分かりづらい。
クリエイター系だと結構これってストレスになるかと。
どんどん外に出ていろんな人と絡むような人もいますが、そういう人こそ既にシェアオフィスと契約してたりします。
僕はそういった仕事でのアクティブさは少ない方なので、入ってよかったなと。
 
何が良いかというと、会社のいいとことフリーのいいとこの両取りな感じがしてます。
チームで仕事することもあれば、みんなでご飯食べたり飲みに行ったり、仕事で分からないことはよりスキルのある人に聞けたり。
けれど看板はみんな別々なので収入は個人戦だし、時間も基本自由。
入るまでは気づかなかったけど、足りてないところをピシャっと埋めてくれました。
 

シェアオフィスに入る経緯

とはいえ、そういった狙いでシェアオフィスに入ったのではないのです。
それまでは家で仕事をしてたのですが、子どもが生まれその子が結構暴れるようになってきて、家で仕事するのがスムーズにいかなくなったのでした。
妻は妻で、夫が仕事とはいえ家にいるのに大変な子育てにあまり協力してもらえないのはストレスということで、お互いの精神衛生上のために意見一致でシェアオフィス探しに。
今思うと↑この家の問題って結構厄介ですよね。
 

LONDOという集団について

福岡に住むデザイン関連の仕事してる人はもしかしたら聞いたことあるかもしれません。
デザイナーを始め、いろんな業種のクリエイター達が集まっています。
特にそういう縛りを設けて運営してるわけではないけど、そういう人が集まってる。素晴らしい設計です。
以前から存在は知っていて、物件を色々探してる時にちょうど空きがでたとサイトにありました。
巡り合わせだ!と思い、早速見学→入る事に。
ちなみに今は名前を変え、litra(リトラ)といいます。
 
上のようなメンバーですから、なんだかノリがあう人も多く、仕事面でも助けてもらったりして、本当にここに入ってよかったなと思いました。
なので、シェアオフィスをススメてはいるものの、どこでも良いってわけでもないのかな、と。
良くも悪くも一人きりのスタイルが続くケースもあるでしょうし。
それでも、家の問題などが解決するのであれば、良いと思います。
是非、フリーの方はシェアオフィスを探してみてはいかがでしょう?
 
いろんな意味で、家賃なんてすぐに取り戻せますよ。