宇多田ヒカルの昔のMVから思う

2016/03/25

tag:

Chromecastの導入

突然ですが、Chromecastを導入しました。(タイトルと違うと感じますがこのままお読み下さい)

 

最近、息子の為にアンパンマンの見れるHuluに加入したのですが、基本的にはスマホやPCで観ます。それを家ではテレビで観たいなと思いまして。

YoutubeやGYAOなどの無料系の動画はもちろん、パソコンのミラーリングなんかも出来るようで、なかなか便利だなと思いました。

5,000円とお安いですし!

詳しくはこちら

 

宇多田ヒカルのMVを観る

それでは本題です。

上にも書いたGYAOを久々に覗いていたんです。

すると、宇多田ヒカル特集と題されて、MVが無料で見れたのです。

Chromecastのテストを兼ねてテレビで再生してみました。

再生したのはSAKURAドロップスという歌。なんとなく知ってます。

 

見てて思ったんです・・。

なんかダサいシーンあるなと・・。

もちろん昔のMVなので古くなるのは当たり前だと思います。

けど記憶では当時のこの人のMVって結構いけてた気がした。Travelingとか今でも良さそう。

 

実際に何がダサいのか

自分の力とかは置いといて自由に書かせてもらいます。

書くのは自由ですもんね!素人が「あの芸人面白くない」って言うのと一緒だよね!

 

では何がダサいのか、具体的に見てください。↓

 

 

こういうデジタル風の処理を加えた辺りです。

二つ目のは分かりづらいかもしれませんが、細胞みたいなのが対象になっていてデジタル感出てます。

 

これを作ったのはどうやら2002年であり、こういうデジタル処理も出来るんだぜ!って感じだったのかな。

単なる流行りだったのかもしれませんが、小手先感を感じるんです。(個人的にですよ!)

おそらく時間もかかっているだろうし、工夫を重ねた結果だとは思います。

 

これを見て思ったんです。僕も一応デザイナーですから・・。

小手先とか流行りとかで表現を決めたらいけないなと。

定番のような美しさをベースにしないといけないなと。

 

webに置き換えると

それでは、僕が生業としているwebデザインでは、どういうものがあるのだろう。

すぐに思いつきました。

パララックスやキャンバスを使った動きなど。

もちろんこれらは見た目は面白いですし、僕もサイトに取り入れた事もあります。

ただこのへんに注力するあまり、本当に見せたいものがおろそかになっていないかな。

そのへんはいつも意識しているつもりなのですが、改めて考えさせられました。

 

いや待てよ。webとは?

とここまで書いてて思いました。webというのは新しいものを発信するのに向いたメディアです。

逆に言うと、古いものは滅多に残りません。削除されたりリニューアルされたり。

となると、別に今流行ってるものを取り入れるのも全然アリなのでは。

結局迷っただけでした。

 

このMVの素晴らしいところ

なんだか紀里谷和明批判みたいになったので、良いところもたくさんあるので紹介したいと思います。(何目線だ!)

 

こういった世界観なんかはとても素敵です。

とにかく美しく目を引く世界観を作り出す。

その為に細かい作業や表現方法なんかも徹底している。

 

僕が一番好きだったのが、この水で出来たサイ。動きます。

コンセプトはよく分かりませんが、見た目が良いです。

命をテーマにしてるのかな。

 

僕もこういうアイデアで勝負!みたいなモノが作れるといいな!

 

まとめると、素晴らしいMVだったということです。