第二子誕生!

2016/06/28

tag:

先日、第二子が産まれました!


/おぎゃー\

(Nagakawaはこの子の名前じゃないよ)

 

ついにきた!

夜中「破水したかも」と報告を受け、

前回と似た雰囲気の中、病院に向かう。

長男と同じ病院で産むので、新しい家からは30分くらいかかります。

違うのは暴れ息子がいること。幸い寝てましたが。

夜1時頃到着し、病室に。

ここで恐れていた事が・・。

 

深夜息子が起きた。

 

それからは泣いて寝ない息子。

鮮明に思い出される、ハワイ行きの飛行機内。はあはあ。

 

 

いったん家に帰ろう

前回を参考にすると、産まれるのは夕方だろうと。

置いてきた犬の世話をしに、朝方いったん家に帰ることに。

息子と二人で帰る途中、これから何日かこの人と二人で暮らす事を考えてドキドキしてきた。(すぐにじいじばあばきた)

 

家に着いた瞬間、病院にいる義母から電話が。

義母「始まったよ!」

えーーーーーーーーーーー!!!

今着いたのに!さっきまで8時間くらい一緒にいたのに!

いや、まてよ。

前回も始まってから、2〜3時間くらいかかったから立ち会いには間に合うか。

 

犬の散歩や餌やりなんかをしつつ、息子にジュースとか与えたり。←5分はおとなしくなる

眠いんかどうかわからんまま、また病院へトンボ返り。

病院に向かう途中、またも電話が。

はいはい、今向かってますよ。

義母「産まれたよ!」 

えーーーーーーーーーーー!!!

はやーーーーーーーーーー!!!

一回目の電話から30分もかかってないんですけど。

というわけで今回は立ち会えませんでした。

 

ただ、前回の壮絶出産が記憶にこびりついてる僕としては、実は立ち会うのが怖かった。

またアレを目の当たりにするんでは、と。

大げさでなく、今度は死ぬんではとか・・。

なので産まれた報告を受けた時、母子ともに無事と聞いて安堵しました。

勝手にですが、肩の荷が降りたような気持ちでした。(何にもしてない)

後部座席でジュース(二杯目)飲んでる息子にも報告したけど、何のことかまだ分かってないようです。

またも梅雨に産まれた我が子ですが、この日も晴れてましたよ!

 

病院について、妻子の顔を見て安心。

赤ちゃんは長男の時と同じ顔でした。

予定日から10日前にして3700gオーバーのBIGBABY!

本当に二人ともお疲れ様でした。

 

現在

それから10日経ち、元気に育っている赤ちゃん。


女の子です。

目がお兄ちゃんより大きい。

ああ、可愛いよ。

 


名前は「咲(さき)」といいます。

咲ちゃん。

ああ、可愛いよ。

 

余談:名前について

余談中の余談なんですが、名前といえば、

「もう名前決めたんですか?」などとよく聞かれるんですが、うちはすごい前から決めてました。

なんなら一人目の時に、娘だったら咲にしようかとか決めてたんじゃないかな。

(ちなみに三人目、四人目が出来たとしても、だいたいもう決まってます。)

字画も調べないし、結構フィーリングです。

呼びやすいとか、変換しやすいとか、犯罪者に同姓同名がいないとか、キラキラしてないとか、そんなレベルですかね。

デザイナーの方って結構こだわる人が多いと思うんですけど、そこまで僕はないみたいです。

彼らのものなので、そこまでイメージがつかず、健康的な名前がいいなと。

あと、顔見てから決めるって人もいますが、僕にはそこまでの感性はないようです。

まじでガッツくらいしか思い浮かばない。

 

その頃晴太は


晴太も元気です。(お気に入りグラビア風写真)

まだ何が起きたかは分かってないようです。

 

そういえば、5日間でしたが二人で寝たりしたんです。(これまで一緒に寝たことほとんどなかった)

徐々に心を開いてく息子がとても愛おしく、これまで以上に大切になりました。

(日記書いてる今はもう、これまでの関係に戻りましたが)

 

四人になると急に家族感が増しました。

おそらくこの四人でずっと暮らし行くんだなって感じ。1つのチームになった感じ

自分が四人家族だからかな。

これまで以上に頑張りたいと思います。(ざっくりした決意)

 


早く兄妹が遊ぶところが見たい、今日このごろでした。