©kanekoyousuke

韓流ドラマを見ている(キルミーヒールミー / トッケビ)

2019.11.15

見ています。
妻がここ1年くらいずっとはまっていて、見倒している。
妻が言うには、日本のドラマと違ってドラマティック度が強く、日本のものが物足りなくなるという。
最近はドラマ(もはやテレビ)をほとんど見ない生活なので、ネットテレビのほうが見やすいということもあり、見てみることに。一番の理由は妻の長い熱烈なプッシュでしたが。

元々はそんなに韓国文化が好きなわけではなかったけど、仕事で訪れたり文化を知ることでだいぶ興味が湧いてきているというのもあります。あとは、誰かが面白いっていうものに一度は触れておかんとなっていう例のあれ

キルミーヒールミー


最初に紹介されたのは「キルミーヒールミー」というドラマ。

※軽いネタバレもありますが、もし読んでから見ても楽しめるはず。

主人公(↑写真右の男性)は多重人格です。全くの別人格が同じ体に住んでいるアレ。名前も年齢も違う。
それに振り回される周りの人間や恋。楽しそうですね。
そして、韓国ドラマの特徴らしいのですが、単なるラブコメではなく、財閥や社内の派閥問題とかそういう暗くどっしりとしたテーマも絡んできます。日本のドラマでもそういう要素はあったりしますが、主人公をよく見せるためのエッセンスくらいで結構ライトに絡む。
全20話(長い!)。1話がみっちり60分(長い!)。
2週間くらいかけて見終わりましたが、まあお腹いっぱい。なかなか楽しめた。特に前半は食い入るように見てた。

以下、キルミーヒールミーのざっくり感想。
・長い
・回想シーンが多い
・同じようなこと繰り返す
・よく泣く
・見た目は気にならない(かっこいい、可愛い)
・謎(伏線)みたいなのをちりばめてるので見ていてワクワクする
・ただし伏線は改修しきってない

【気になるところ】
回想シーンがやたら多い。回想シーンていうのは、既に放送されたカットがすぐ流れる感じ。察してね的な文化がないのかもしれない。「あのセリフお忘れでしょう?ここでもう一回流しておきますね。」的な感じ。韓国のサービス精神の文化からきているのかもしれない。過剰です。
そのへん上手くやったらもっと短くできたやん!って思う。
同じようなシチュエーションを繰り返すのも気になる。もうそのやりとり何度も見たって。その似た感情の揺れみたいなの何回やるんよ?って思いました。
他にも1シーンがなんか長い。例えば、男女がじゃれあいながらゲームをするシーンみたいなのがあって、日本だと10秒くらいで終わりそうなシーンなのに、1分くらい流す。何見せられてるん?ってなることもあります。

【良いところ】
役者さんたちの見た目は良いです。特に男性はスタイルがよく、筋肉質で首とか太く小顔。日本のアイドル系俳優とは違いますね。文化やファッションなどは違うけど、少し見てると慣れてきます。
女子も可愛い。作る表情みたいなのは独特で少し慣れが必要ですが。
主人公のチソンとかすごくかっこいい。変な言い方だけど日本ぽいのかな。
ドラマの設定も入り組んでて良い。まず大きな設定があって、そこに謎が散りばめられていて、見ていくのが楽しいです。漫画みたいなのかな。ちょっと盛り込みすぎやろって時はあるけど。
ただし、この作品に関してはその伏線みたいなのを回収しきってないのが残念だった。
韓国ドラマって視聴者の意見でシナリオが変わるらしい。なのでそういう面があるのかもしれない。

ドラマは現在はNETFLIXでやっています。
amazonだとこちら。

トッケビ


お腹いっぱいだけど、何か次のを見たいと思って勧められたのこちら。トッケビ。
妻曰く、トッケビはみんな通るらしい。

ストーリーは、死ねない体を手に入れた(入れてしまった)男の話。トッケビとは韓国に伝わる精霊、妖怪のような存在らしいです。
この死ねない体ってのがポイントで、1000年も生きている彼はたくさん辛いこともあり、本人は早く死にたいのです。その中で恋愛をしたり、死ぬための方法を探したりと。こちらもラブコメ要素多いのですが、ここも韓国流。過去や謎が多く絡んできます。なのでただワクワク見てるのではなく、あの伏線気になるなとかそういう見方が出来ます。

トッケビは、上のキルミーヒールミーと違って、
・回想シーンない!
・15話!
・映像がキレイ(えらい背景ぼかす)

とさらに見やすくなってます。

ヒロインの女の子が飛び抜けて美しいわけではないんだけど、すごくチャーミング。多分演技力もあるはず(言葉わからないと判断難しいよね)。
ちなみに主人公は大沢たかおにしか見えない。こちらも日本人ぽい。

ドラマは現在はHuluでやっています。
amazonだとこちら。

最初はこちらが見やすいかもです。
早く帰って見たいなー。
あとソウル行きたい。

others

FUJIFILM(フジフイルム) XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを使ってみた感想など

プレゼンに参加した話

2018年を振り返ってみよう

5ive inc.

FUJIFILM(フジフィルム)XF56mmF1.2 Rを買いました。レビューなど。

all