カネコデザイン KANEKODESIGN

サッカーが好き

ワールドカップ2018開幕しましたねー!
自分もそうですが、サッカーが好きな人って多いですよね。デザイン業界って特に熱狂的な人が多い気がする。って思ったけど、何事もつきつめる癖がある人が多く、各ジャンルの熱狂的な人が多いんでしょうね。サッカーもその一つというだけなんですね多分。

サッカーにはまる

僕がサッカーにはまったきっかけになったのは高木琢也という選手でした。サンフレッチェ広島のレジェンド的FWで「アジアの大砲」と言われていた人。
それまでもサッカーしたり見るのも好きだったのですが、本当に「うわー!」って思ったのは高木のあるプレーでした。
高木琢也という選手は背が大きくて、ヘディングが得意でした。足元はそこまでうまくない。この一つに特化してる感じがまず好み。ちなみに昔、とんねるずのノリさんにPKで負けて坊主にしてた。
水曜日と土曜日はJリーグが楽しみだった小学生の頃、高木のヘディングゴールを見たんです。それがものすごかった。ちょっと分かりづらいと思いますが一応描写します。
結構速めのセンタリングがあがります。結構回転かかってるベッカムや酒井宏樹のクロス的な感じ。高木は結構早めにジャンプしてて空中で待ち構えて、ドンピシャでボールを頭で叩きつけます。DFは全く競り勝てない。叩きつけられたボールは、すごいスピードでバウンドしてゴールネットの上に突き刺さりました。うわー!!!って叫びました多分。小学生の僕は興奮し一瞬で心を持っていかれました。この動画結構探してるんやけど全く見つからない。もはや幻かもしれん。
とにかくそれ以降高木のファン、広島のファン、Jリーグのファン、日本代表のファンになりました。公園でもずっとヘディングの練習してた。

Jリーグができるまで日本ではサッカーはそこまで市民権を得てませんでした。今のバスケくらい。なんかあるな、ってくらい。そんな時代からサッカー少年団に属している人たちがいて、その人達が中学校でサッカー部に入ります。そんな集団に飛び込む勇気がなくサッカー部には入れませんでした。もちろん実力も全然違ったでしょうし。それでも中学校の頃ずっとモヤモヤしました。入ればよかったなーって。そんな僕ですが、高校のクラスマッチで得点王になったことがありました(サッカー部は数人しか出たらいけない縛りのやつ)。決勝戦でコーナーからヘディングで決めた時、コーナー蹴ったサッカー部のキャプテンにすごいほめられた。すごく嬉しかった。大げさだけど幸せだった。

それからというもの、ずっとサッカーしてました。部活を卒業しても毎日近所で友達とサッカーしてた。試験の日も卒業間際になってもほとんどしてた。今でも実家戻ると同じ場所で幼馴染とボール蹴ってます。ボール回すのって喋ったりするのにちょうど良いんですよね。

それから順当に海外サッカーを見始めます。当時やってたウイイレ(サッカーゲーム)も手伝って、嫌でも詳しくなっていった。
周りにも同じような人が多くて、昔のチームのフォーメーションと選手とか言い合うだけで面白い。
今はウイイレしないので、あまり詳しくなくなりました。代表戦ですら見ないことも増えてきました。
けれどワールドカップは特別で、昨日のオープニングマッチも寝落ちしながら見ました。(寝落ちするんかい)
今夜はポルトガルVSスペインという好カード。眠れない夜が続きそうです。
ちなみに今回は見るモチベーションを上げるためというのもあり、TOTOのワールドカップ版を買ってみました。13試合の勝敗分けを的中させるものです。1億円くらいもらえんかなー。

この日記書いてて、もうひとり僕を虜にした選手がいたので、それは別の機会に。

その他の日記

日記のトップへ