©kanekoyousuke

FUJIFILM(フジフイルム) XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを使ってみた感想など

2019.03.05

またまたレンズの話。
今回のものは、欲しい候補とは別のもので、息子の学芸会用に借りたレンズの話です。いや、くれるなら欲しいけど。
こちら↓

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
富士フイルム (2014-11-20)
売り上げランキング: 63,870

俗に言う、望遠ズームレンズです。遠い 〜 かなり遠いみたいな範囲をカバーできます。
しかもF2.8通しという、明るさをずっと確保できるスグレモノ。暗い体育館にはもってこいです。手ブレも完備!ほしい!
買うと15万円くらい!

FUJI一筋のじいさんカメラマンが急に俺を気に入って、「わしが死んだらお前に全部のレンズ全部やるよ」って言ってほしい。
じいさんも晩年は入院ばかりで、奥さまに「もうあの人多分写真撮れないし、良ければあなたがカメラとか全部使っていいわよ」って言われて、病院で最後の瞬間を本人のレンズで僕がパシャパシャ撮るんですけど、慣れてなくて全然良い写真が撮れないんです。(妄想)
住吉にあるFUJIの展示会場で写真展してるじいさん狙っていこう。

このレンズを買うことは多分ないんだろうけど、一応参考になれば。(このスペックのレンズ探してる人はこのレベルの写真興味ないだろうな!
あと、学芸会や写真で一言的には、もっといろんな写真をピックアップしたかったのですが、ここではあくまでレンズ目線での写真に絞りました。(逃げ)
それでは!

まずは画角テスト。全て焦点距離の表記はAPS-Cのものです。
35mm。いつものXF35mmF2。


50mm。
今回のレンズの広角側めいっぱい。通称ワイド端。


140mm。
望遠いっぱい。通称テレ端。
たいぶ寄れますね。
ちなみにザラザラしてるのは例のフィルム風エフェクトです。(検証の邪魔)


登場回数多めの人。これも140mm。テレ端でもキレイに撮れます。
ちょっと本当にルフィに見えてきている。


すぐイカ出してくる。にゃろ!


家で隣の部屋から。


寄るとこんなに印象が変わる。便利だな。
学芸会前夜。


学芸会当日。
僕は真ん中からの撮影を選択したため、体育館の後方に位置しています。
前方に妻と娘。ワイド端でも50mmなので、寄らなくても結構大きい。


寄ったらこんなに大きい!
実際は声もかけれないくらい遠くにいます。


全体のトップバッターとして我が家のアイドル登場。
きちんと演技が出来ていて驚く。
開始すぐでまだ色などコントロール出来ていない。
※ここからモザイク多めです・・


思ったより寄れた。被写体との距離感としては、5mくらいでしょうか。バスの後ろから前くらい。
一生懸命踊ったり演技する息子に感動。


妻もほわわ~ん中。


衣装や小物のクオリティが異様に高い園。玉ねぎも皮まで全部むけた。
息子は帽子を深くかぶりがち。


いろんな野菜が順番に出るのですが、それを舞台端でおとなしく待っている息子。
立派に・・・涙
こんなところも撮れたので、本当にこのレンズを借りてよかった。


引きたい時は引ける。


息子が退場する度にお兄ちゃんを求める娘。
普段喧嘩ばかりする癖に、こういう時はすごい好きらしい。


三度目の登場。暗さやライトの色や距離などにカネコが慣れてきて、キレイに撮れ始める。
レンズのおかげです。


本当はやりたくないみたいなヤンキー風のたたずまい。
右隣の女の子と好き同士なんだけど、時々すれ違う。

多分室内の写真はほぼF2.8で撮ってる。


お兄ちゃんの組の出し物が終わり、お客さんの入れ替え。
娘と園庭に。


ズームのおかげでいろんな写真が撮れます。


僕の目には単焦点レンズと区別がつかない。
現にこのフジのF2.8通しシリーズは、大三元であり、たくさんの単焦点レンズが入っているとも例えられる。


じじばば集合。


これは一番年長さんの出し物。
最後の歌と踊りがまじで感動した。親たちはみんな泣いていた。
自分もこみ上げた。次に上がってもがんばれ!
二年後、息子がこの立場になる。準備しておかないとな。


最後の出し物。三学年総出演の合奏。
息子はまたもどセンターをもらってたんですが、その前に指揮者の子が立ってたので、まったく見えなくなり、サササッと左前に移動。
指揮者の子はずっと後ろを向いていたので、親御さんかわいそうだなと思った。指揮者は先生がしゃがんでやると良い。


初めてのカメラ目線。近くになり見つけたのかな。


会が終わり、いつもの教室で親を迎える子どもたち。
「お、どうやった?」と彼女を連れて迎えてくれる息子。


天使もお兄ちゃんに早く会いたい。
結婚式の主役状態。


いつもの場所に親が来て、少し浮かれる感じ覚えてる気がする。


緊張が取れたのか、笑顔がこぼれる息子。
隣の男の子が好きでいつも一緒にいるらしい。
劇中もずっと隣にいた。


安心でいっぱいの顔。愛してるよ。
自然の光ってキレイだ。


ふざけたりする。


こういうときは急に引いたり。
こういう行事系の時はかなり重宝するレンズですね。ほしいよじいさん。


ぼけてもいいよね!


こう見えてママに甘えてる。


玉ねぎ帽子を脱ぐ。
山口のじじばばは髪型に驚いてた。そういえば言ってなかった。


かぶりなさーい。って言う。


好きすぎて体をさわる。
衣装がアカデミー賞の先取りやん↓


本当に大好きみたい。パパもこの子のことを好きになったよ。
腐女子的にドキドキする娘。


脱。


最後は帰りの会に参加させてもらう妹。


この対応力。


なんでこいつ横おるん?

まとめると

このレンズいつかほしいな・・。買うと15万円。
じいさん探します。

others

写真ブログ

こっそり機能追加

ハワイ2018 #10
「最終日 帰るだけ〜感想」

明けましておめでとうございます 2019

庭のある生活

all