©kanekoyousuke

諫早に行った話

2019.02.07

いつも日記を書くときに、オチをつけたり、思いをまとめたり、構成を考える癖があるので、起きたことだけ淡々と書いてみようのコーナーです。

先日、打ち合わせ顔合わせで長崎の諫早に行ってきました。
長崎に行ったことある数は数えられる程度。諫早にはおそらく初めて。
博多から特急かもめで、1.5hくらいかかります。ずっと「つばめ」と思ってた。
新幹線はすごい好きなのに、特急となるとワクワクが落ちるのはなんだろう。外からのシャットアウト感の違いかしら。
けど移動は楽しいです。


ぶれかもめ。


ワクワク


多分切符入れと思い、ここに入れたけど、誰も入れてなかった。
これinstaにアップしたら友人が、「ここは握手会のチケット入れるとこ。厚みでマウントとるんや。」ってコメントきた。実際に彼は色んなとこに握手会など行ってるようです。


車窓からの景色が魅力的で、デジカメを取り出す。唸れ!フィルム風!(唸らない)
カニ看板。


海の鯉のぼり。


電車も結構スピード出てるのでこんなのですが、実際はもっとキレイでした。

特急なので、途中主要駅には停まるのですが、毎回そこで降りたくなる病が発症しました。

こんな感じの。(縦写真は基本iPhoneですね)

少し栄えててそこで生活してる人がいるって感じが好き。(失礼ですが)
新幹線が停まる駅の周辺も好きだったりする。街の特徴が「新幹線が停まる」というケースが多いのですが、少し文化がある感じがそそられる。というか知らないとこが結構好きで、何の問題もないなら毎年違う県に住みたいくらい。そしていつかハワイか無理でも沖縄に住みたい。


そんなこと考えてたら、目的の諫早駅に着きます。
駅からお客様の会社へ車で送って頂きます。感謝。
移動は20分くらいあります。
運転頂いたお兄さんから、長崎の話を聞いたり会社のことを聞いたり。


着きました。
森に囲まれる会社。


ここに新しい建物が。今回はそのお仕事。

打ち合わせも終わり、帰ります。
またも駅まで車で送ってもらう。感謝。
帰り運転してもらったのは18歳の男の子だった。ピチピチ。

道中、社会人になったばかりという事や、方言訛ってますか?という話をしたり、(僕が)38歳に見えないというお世辞に喜んだり、「自分が20歳で子ども産んでたら○○さんみたいな子どもがいたんですね」とかいう芸能人みたいな話をしました。なんだかわからないけど楽しかった。

移動の仕事は時間がとられる面もあるけど、移動自体は楽しいので大好物です。

others

夏祭り

ハワイ2018 #4
「二日目 ルースズ クリス ステーキ ハウス」

初めてのデイキャンプ

写真実験「暗い世界」

フィルムカメラ始めました。(KLASSE)

all