©kanekoyousuke

東京行ってきたよ(3日目/細田守展)

2015.08.07

これは以前の日記です。
以前の日記はシステムの都合で改行多かったり読みづらい場合がありますが、芸能人のアメブロと勘違いしないように気をつけてくださいね。
また画像がうまく表示されていない場合もあります。追って直していきます!
それではどうぞ↓

最終日。

帰るだけの予定だったのですが、細田守展なるものを発見してしまったので、強引に行きました。

その内容です。

 

ヒカリエに着く。

平日だったが、オープン日だった事もあり、結構な人数。

ちなみに、出発の1時間前の12時30分には羽田にいたい。ただいま10時45分くらい。

 

正確にはバケモノの子展なのね。

ワクワク!!

 

お出迎え。

ただ、映画をまだ観てないので、そこまで興奮しない。

 

ワクワク!

 

こういう写真って、なんか仕事(デザインする時)に役立つかもと思って撮ってしまう。

 

コンテっていうのかな、たくさん宙に浮いてるよ!

 

演出の説明があったり、

 

コンテや設定があったり、とそれはもう興奮しまくり。

このへんは写真OKなのも嬉しい。

 

名シーンのコンテ。

映画を思い出してしまって、恥ずかしながらその場で泣いてしまう。

怖!映画でも泣かないのに。

何か制作側の思いとか、いろいろ伝わってきたのだろうか。

一人で大荷物抱えて、時間に追われながら、こっそり涙するオジサン。

 

立体コーナー。

3作品ともいいですねー。

時かけの「未来で待ってる」は切なくてとても良いですね。

 

OZのあれ。

 

健二のアバター。

 

知らないやつ。(バケモノの子)

 

新作の街を再現してるらしい。(知らないやつ)

 

見るだけ以外にも、体験型のコーナーがたくさん。

これはキネクト的なやつ。

振り回したら、画面の敵を攻撃できるやつ。

チームラボだったかな。

 

他にも撮影してソーシャルにアップしたり。(実際にこれアップしたぞ)

荷物多いでしょ。

 

名シーンの再現できるやつ。(知らない人)

「よろしくお願いしまーす!」と叫ぶと、

 

その声量にあわせて何かが起きる。

館内入ると、このセリフが遠くから鳴り響いいてはこういう理由だった。

 

時かけのシーンも。(知らない人)

 

他にもたくさんコーナーがありました。

何かもらえるコーナーは、2.5時間待ち。

 

見てると、自販機みたいなのがあって、バケモノの手(?)が出てきてた。

 

急いで見終わり、出る。

 

そこで、罠が待ってた。

物販コーナー・・。

この時点で確か、12時回ってた。

そしてものすごい人の数。

前に進むのもやっとな感じ。

きちんと商品も見れない。

 

雨と雪の子供服。

我が子には小さくて断念。

 

いっぱい買い込んで、100人くらいの列に並ぶ。

少しずつ進む。時計をチラチラ。焦ってます。

ちなみにここで携帯の充電が切れる。

なんだこのストレス地獄。

僕の体力も、連日の疲れのせいで0に近かったです。

 

そんな中、

一つ前に並んでた高校生男子二人組の会話が、全然面白くないのにずっと笑ってて嫌でした。

「バスケ部ってたいてい下ネタに走るよな 笑」「あー、確かにうちもそうだったー 笑」「ケラケラケラ!爆笑」みたいなの。

あと時々出る武勇伝。

そのへんはもういっか!

 

結局、30分以上並んで会計終わったのが12時45分くらい。

飛行機出発は1330分。

それはそれはダッシュで羽田に向かいました。

 

なんとか間に合い、無事に福岡へ。

 

最終日の戦利品。

ホクホク。

 

 

【東京まとめ】

久しぶりに来ると東京が少し怖くなってます。怖いというか難しい。

知らないとこいっぱい出来てるし、人多いし、ビルでかいし。

以前はこっちで暮らして働いていたのに、すっかり田舎者に戻ってる!笑

今回何度駅でUターンかましたことか。

 

ただ、やっぱり東京はいいなーって感想も出てきます。

住むのは放棄したけど、年に何回か遊びに来るのは続けたいと思います。

いつか家族と学大の街を歩くのが夢でもあります。

 

あと鞄について。

とにかく辛かったのが、荷物の重さ。

鞄については、思うところがあるので、詳しくはまた書きたいと思います。

 

それでは、みなさん読んで下さりありがとうございます。

others

iPhoneからPixel3(Android)に変えて1ヶ月経ったのでレビュー

いくらとほたて

globeのDEPARTURESが発売された時の話

笑うロゴ

FUJIFILM(フジフイルム) XF23mmF1.4 Rを使ってみた感想など

all