カネコデザイン KANEKODESIGN

FUJIFILMの望遠レンズほしくなったけどいったん落ち着いた話

最近またネットでカメラのレンズを見たりしてます。

カメラはコンスタントに撮ってるのですが、レンズ熱は少し冷めてました。「今のレンズでもそこそこキレイに記録を残せるからいいや」ってことで。もちろんもっと良いレンズもほしいけど、腕や頻度にあわせたものをということで気持ちを抑えてました。良いレンズ→重くなりがち→持ち歩かなくなる というのは、十分にあり得て本末転倒なので、そういった理由もあり。前も書きましたが、個人的にはキレイ<たくさん残すです。もちろん両方ほしいですが・・。

そして運命の日がきます。子どもの運動会です。
前々から先輩パパには聞いてました、望遠レンズの必要性を。
時々、望遠とズームをごちゃごちゃになってる人がいますが、望遠は遠くのものを大きく写す(寄れる)レンズで、ズームは拡大縮小できるものです。

というわけで、息子の運動会がこの間行われました。
一年目だし、今年は写真に関してはテストの感覚で臨みました。
ちなみに持っているレンズ(FUJI)は35mm単焦点18-55mmの標準ズーム(キットレンズ)なので、少しでも寄れるズームレンズの方を使います。

写真を一枚↓

ウインナーを運ぶ息子。(最近はSNSへのアップの規制が厳しく、モザイクだらけになります)

そこまで広くない園庭ですが、それでも写真としてはほとんどこういう構図になるんですね。これだって望遠端の55mm(換算82mm)で撮ってるはず。
もっと寄りたい・・・・。写真内の1/3くらいを顔にしたりしたい。そうしたらモザイクだってかけないでいいじゃないか!
そこから望遠レンズ探しの旅が。

レンズ候補

それでいくつかの候補が上がります。
FUJIFILMのカメラは基本的にはFUJIのレンズしか使えないので、メーカーを渡ったリサーチが必要にならないのは楽である一方で選択肢の狭さでもあります。(ツァイスは少しだけ対応製品あり。あとマニュアルなどの中国産レンズなどは対応あり。)
あとレンズ高い。撒き餌されたい。

●候補1:XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF55-200mmF3.5-4.8RLMOIS
富士フイルム (2013-05-25)
売り上げランキング: 40,057

望遠ズーム(遠くが撮れる+拡大縮小できる)レンズ。今持っている18-55と組み合わせるダブルズームキット的なもの。組み合わせると18-200をカバーできます。
上位レンズが別にあるのですが、値段など考慮するとこれでも良いかなと。ちなみに65,000円くらい。

ちなみに上位レンズはこちら↓(売れろ!)

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
富士フイルム (2014-11-20)
売り上げランキング: 93,248

FUJIの大三元レンズの一つ。15万円くらい。明るかったり、画質も良いんだけど、この値段と大きさには手が出ない。

●候補2:XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

FUJIFILM 望遠ズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
富士フイルム (2014-07-05)
売り上げランキング: 72,189

こちらは候補1のものと違い、広角から撮れるもの。望遠端は135mm(換算約200mm)と上のものよりは寄れないが、運動会くらいならいけるのでは。少し暗く、器用貧乏的な印象だが、近くも遠くも撮れるというのは、運動会などのレンズ交換がしづらい状況にはあっているのでは。やや暗いので屋内で寄りたい時が心配。
また、広角側は18mmから始まっていて、今持ってる18-55mmと画角的にはかぶるため、そっちの処分も考えられる。
旅行とかシチュエーション読めないときなど、これ一つで便利な気もする。撮れる写真の質という意味では、なんだか少し心配だったり。お値段は9万円程度。
むう。

と色々考えてたのですが、気づきが。
日常で寄りたいシチュエーションってそんなにないんでは?!
妻に言われたのか自分で気づいたのか忘れましたが、そう気づきました。
実際これまで望遠レンズがほしいなってことはあまりなかった。
普段、標準レンズ35mm(換算50mm程度)でばっかり撮ってますが、子どもやスナップを撮るには十分というか、これだけでも良いと思ってるくらいなのです。実際に見えたものがそのまま撮れる感覚があるので。ただそれだと魅せる写真としては物足りないんだろうな。人が見たことないものは撮れないのだろうな。

ちなみにこれは135mmで撮ったもの。この画角は空中に浮かんでないと見れない構図。


これも135mm。構図は普通ですが、実際は結構離れているため、気づかれず自然なシーンが撮れている。(と思う)
標準レンズだと、こういったことが起きない。トリミングしたらそれまでですが。

話を戻します。望遠レンズは常には要らないんでは?の件です。
実はカメラやレンズにはレンタルがあるんです!!!!
福岡でもFUJIFILMの公式レンタルショップがあります。(住吉神社のへん)
そっか!運動会のときだけ借りたらいいんだ!一日1,000〜2,000円くらいだから、年に二回レンタルするとして、150,000円のレンズだと、、、37年借り続けて初めて赤字になる計算!息子40歳!
というわけで望遠レンズ熱が落ち着いたのでした。
とりあえず来年や次の望遠イベントにはレンタルで臨みたいと思います。品薄問題はあるだろうけど。

だがしかし、、落ち着いたのは望遠レンズ熱のみでした。
調べ始めた熱はそう簡単には下がらず、何かほしいな状態になってます。
ずっと気になるのはこれ。

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR
富士フイルム (2015-02-26)
売り上げランキング: 158,391

今の標準ズームレンズの上位版。大三元の一人。当然の高い重い。
もしもこれを手に入れたら、ズームレンズはもちろん、単焦点の方も処分してもよい覚悟。それくらいこれ一台だけを持ち歩いてる人も多く、単焦点的にも使えるくらい性能も良いとのこと。(この間中古で8万で見かけて興奮した)

あとは、上であげた18-135の器用貧乏な気がするレンズも意外と楽しそうな気がしてます。世界を変えるという意味ではこちらなのかな。

とはいえ、仕事に使わないものをそう簡単に買えなないので、これらで撮られた人の写真を見て満足したいと思います。
この日記が誰かの役に立って、バンバンアフィリエイトから売れて、僕も買えるようになりますように。
そういえば、さっきこの日記書くために久しぶりにアマゾンアフィリエイト見たら初めて売れてて(しかもいくつも)興奮しました。

あ!あと、この間発表されたものでXF33mmF1が2020年に発売になるそうです!F1!中華レンズかと思った。噂では20万円くらいとか。
一緒に発表されたXF16mmF2.8のパンケーキレンズ?もFUJIだとちょっと楽しそう。

その他の日記

日記のトップへ