©カネコブログ

楽天アンリミットを悩んでるけど、全てはうまくおさまらない話

2020.04.16

楽天が4番目のキャリアになり、キャンペーンもすごい。ドコモからの移行を考えているけど、なかなかおさまらないことについて。

楽天アンリミットとは

2020年4月、楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ4つ目のキャリアとしてサービスが拡大されました。オリジナル回線あり。
これで通信速度や容量が、その他のキャリアに並んだような感じです。
その中の新しいプランがRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)です。

料金が安い

料金は月額3000円で、データ使い放題、電話かけ放題(Rakuten Linkというアプリが必要 ※重要なので後述
さらに今はキャンペーンをやっていて、3000円すら要らない、1年間無料!!これは飛びつきたい。
現在契約しているDocomoでかけ放題とデータ放題で9000円くらいはかかるので、一年目は10万円近くが浮くことになる。

データ使い放題

指定エリアであれば、容量制限なし!
ただ福岡の場合は、博多駅周辺と大濠公園周辺らしい。ただそれ以外のエリア(自宅や勤務先など)でも最大5GBまでは使い放題。今はDocomoも5GBなので変わらず。
そして、容量5GBを超えた場合、Docomoだと128kbps(激遅)なんですが、楽天だと1Mbpsで動くらしい。これも嬉しい。
さらに、海外でも月2GBまで使えるって!一泊韓国とかならいけそう。

ここまできたら、変えない手はないと思うのですが、気になるところも・・。

電波などはどうだろう

そもそも電波が弱いということはないのだろうか。
指定エリア以外ではこれまでのようにauの電波を借りるらしいので。
ただこれまでの楽天モバイルユーザーの声だと、そこまで気にならないらしいので、大丈夫なのかも。電波が悪い家なんかには、貸し出しWi-Fiスポットなんかもあるらしい。ただ、これがソフトバンクの施策を思い出し、電波が悪いことを逆に語っているような・・。

公式対応端末はAndroidのみだが

公式で対応している製品が少ない。基本的はAndroidの一部。
↑こういうの

ただ保証外であればiPhoneなんかにも対応しているみたい。OSがアップデートしたら使えるか分からないみたいな感じだとか。これはずっとハラハラしますね。
ちなみにiPhoneはXS以降だとか。

Rakuten Mini

そんな中、楽天のオリジナル端末のRakuten Miniが気になってます。

小さいのが売り。どうせAndroidならオリジナリティがあるものも良い。2万円台の安さも良い。
そういえば昔から小さい携帯に惹かれる傾向がある。ノキアやsonyの902iなど、持ってて満足度が高かったものだ。

とはいえiOSに戻りたい気持ちも高め!
Androidに対する1年間続いた不満や、iPadで感じたApple製品同士の親和性の高さ。
さらには昨晩、iPhoneSE2もついに発表されたしね!(ライトニングなんかい)
もう11でいいやとか思っている。10万浮くしね。

落とし穴

通話かけ放題になるには、Rakuten Linkというアプリを使用します。これ経由でかけると無料になるというもの。かかる側には通常の着信になるらしく安心。
が、これiOS用のアプリがない!!!
となるとiPhoneの人は、通常電話になります。20円/30秒。1時間だと2400円の計算だ。うおー!

じゃあ対応まで待てばいいではないか。そっかそっか。楽天だってiPhoneユーザを取り込むのは大きな課題だと思うので、いずれ対応するでしょう。

ところが、1年間無料キャンペーンは先着300万名までらしいのだ。
急がないと。一気に広まるはずだ。どうしよう・・。

ん?待てよ。今俺Android(Pixel3)使ってるやん!
いったん今のうちにキャリアだけ楽天に変更して、iOSアプリがリリースされたらiPhone買えばいいやん。秋にはType CのiPhone12が出るだろう。それまで貯金だ!よし勝った!1年間Android使ってきたことがここで報われた!(本当はそこまで辛かったわけではない)

って決めていたらPixel3には楽天アンリミットは対応してないという動画を発見。

(Pixel4は使えるらしい)

どうしよう。今ここです。
Rakuten mini、安いし飛び込もうか。アプリとかサクサク動くか怪しいけど、iPadあるし!
もしくは、iPhoneに変えて、当分は通話料気にせず楽天運用しようかな。


(初の楽天アフィリエイト)

others

used tags